【必読】これからスキューバダイビングを始めたい方へ

元ダイビングインストラクターのハナコ(@hanako_8787です!

 

暑くなってきたので海がわたしを呼んでいる

そんな気がするあなたは今年こそスキューバダイビングを始めましょう!

 

考えてみてください

地球は7割が海なのです

 

という事は

海に潜らない限り

全力で頑張っても3割しか楽しめないのが現実です

たった3割ですよ( ゚Д゚)!!!!

今年こそ未知の世界にDIVEしましょう

 

1.スキューバダイビングってそもそも何?


スキューバダイビングは圧縮空気が充填されたタンクを背負い

レギュレーターと呼ばれる水中でもタンクの空気で呼吸できる機器を使用したマリンスポーツで

快適に潜る為に上記の2点以外にも様々な器材を使用します

 

 

タンクを背負ってないこちらはスノーケリング

レギュレーターでなくスノーケルで外気を呼吸

使用する器材が異なり、水中で呼吸できるがどうかが大きな違いです

 

2.ライセンスって無いとダメなの?


ライセンスは無くてもダイビングは可能です!

その場合、日本では「体験ダイビング」と呼ばれ

インストラクターが付きっきりで1~2人など少人数でダイビングをします。

 

じゃあライセンスいらなくない?

…いるんですー(´_ゝ`)
なぜならば体験ダイビングは

免許を持ってないので安全なところで車の運転を体験する

遊園地のゴーカートのようなものです

見られる景色も行ける場所もライセンス取得者とは
全っっっ然異なります!!!!
なのでちょっぴり体験してみたい

という方には体験ダイビングがお勧め

もっといろんな景色を見ていたいという方には

ライセンス取得がおすすめです

 

3.ライセンスを取得しようとしたら種類が多すぎて…


ダイビングライセンスは国が法的に認定しているものではなく

ダイビング業界が勝手に認定しているものにはなりますが

全世界共通なので日本で取得しても海外で使えるし

もちろん海外で取得しても日本やその他の国でも認知されます

 

その為ライセンスの発行元が何種類もあるのです

その発行元を指導団体と呼び

団体ごとに発行しているライセンスの種類が異なります

 

ちなみにライセンスカードは

認定CertificationからCカードと呼ばれている為

「ライセンス取得」ではなく

「Cカード取得」と謳っているところもありますが意味は同じです

 

指導団体について詳しく知りたい方はコチラ

https://matome.naver.jp/odai/2141861387005439901

 

 

まずここでなんのこっちゃ?とつまづく方もいるかもしれませんが

携帯の種類のようなものでiPhoneでもAndroidでも使用上に問題ないように

どこじゃないとダメ!とか

極端にクオリティに差がある!とかはないです

 

有名かどうかでいうと

ダイビングライセンス界でのiPhone的立ち位置?

突出した一番のメジャーどころはPADI

次いでNAUI、

CMAS、SSIなどその他は似たり寄ったりという印象です。

取りたい場所で=潜りたい場所で取得するのも良いですし

ライセンスを持って潜りたい場所に行くために近所で取得するのも

何が間違いという事は無いです。

やりたい時がやり時!と考えて

せっかく興味を持ったならまずは始めてみましょう。

 

ライセンスについて細かく書いていくと

長くなりすぎてしまうのでまた次回書きます!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA