【農業体験】薬膳にんにく収穫作業の流れ

いなフリ卒業生のハナコ(@hanako_8787)です!

受講中の、田舎フリーランス養成講座(いなフリ)のワークショップで薬膳にんにくの収穫作業をお手伝いしてきました。

いろいろ発見もあったので収穫作業の流れにそってご紹介させていただきます!

 

にんにく畑のビジュアル


こちらのキレイな紫色のお花、じつはニンニクの花なのです。近づくといつものニンニクの白い皮が花びらについていたり、ニンニクの香りがしたりと、しっかりとニンニクを主張していました。

 

収穫作業


靴が汚れるので、長靴を持ってないグループはビニール袋で即席ガード。しかし、割とすぐ破れたりほどけたりしていました。違う方法の方が良いようです。

 

ニンニクを傷つけないように、茎まわりの土を少しづつ掘り進み、根っこを切るように掘り出す。

 

掘る人、運ぶ人に分かれて、どんどん倉庫に運び、茎を切り落としてカゴに入れていく。というシンプルな作業

 

作業時の注意点


おばあちゃんの畑だからか、雑草除去ができておらず、油断してると「くっつきむし」まみれになります。毛足の長い素材はとくにくっつきやすいようでした。

 

ナイロン素材など、ツルツルした素材はくっつきにくいようですが、彼のように厚手だと、ものすごく熱いようで、熱中症の心配もあるのでもう少し涼しい方が良いようです。

かといって半袖もチクチクして、痒かったりするので、くっつきにくくて涼しい長そでがあればいいのになー。

そんなの無いよなー。

と思いきや、存在しました!!!!!!

モデルはのんちゃん「もぐらのぞみのPR」→http://www.moguogu.com/

 

コチラ!!!!!!

 

ユニクロの「エアリズムUVカットメッシュフルジップパーカ(長袖)」

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/188210

 

全国のくっつき虫に悩む農家の皆様、朗報です!

涼しくて、日焼け防止もできて、汚れにくい、三拍子そろった最高の素材がこの世に存在していることが発覚しました。

これからの暑い季節は、より快適に過ごしましょう\(^o^)/

 

まとめ


ニンニクの収穫を快適に行うのは、装備と水分補給が最重要項目でした。

後は、暑い中の作業は思った以上に体力を奪われるので、頑張りすぎず地道にゆっくりやることも大切。

無理が無い範囲で作業できれば、青空の中で皆でする作業はとっても楽しいものです!

毎年この時期は収穫のお手伝いを募集しているようなので、興味がある方は「コワーキングスペース・まるも」までお問合せください(*‘∀‘)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA