岐阜・モネの池に行くなら、川浦渓谷(かおれけいこく)とセットがオススメ!

旅好き主婦、ハナコ(@hanako_8787です!

行ってみたいなぁ~と思いながら、気を逸していた「モネの池」にやっと行ってきました!

念願叶って行けたのは嬉しかったのですが、はっきり言って「モネの池」は大きいわけでもなく、山奥にあるので到着までに時間がかかる割に、わりとすぐ見終わります。

素敵だったので何の不満もありませんが、せっかく山奥までドライブしたからもう少し何かないかな?

という方にオススメなのが、近くにある「川浦渓谷(かおれけいこく)」なんです!

わたしも調べるまで知らなかったので、今回はモネの池と川浦渓谷(かおれけいこく)の見どころや場所などを詳しくまとめたいと思います。




モネの池

モネの池は通称で、正しくは「名もなき池」と言います。

かの有名なフランスの画家クロード・モネの代表作である睡蓮を彷彿させる美しさから、モネの池という愛称で有名になったようです。

「モネの池」という作品は無いので、このキーワードでしっかり検索にはヒットするので、「名もなき池」で検索するより「モネの池」での検索がオススメです。

モネの池(名もなき池)の近くには、かなりの台数が駐車できる無料駐車場が数カ所あります。

たしか3ヵ所だったかな?

どの駐車場にも係りの人がいるので、満車の場合は他の駐車場を教えてもらえます。

秋の3連休の初日に行ったからか結構混みあっていましたが、特に待つことも無く駐車できました。

混雑のピークには駐車場待ちになる可能性もあるかもしれません。

駐車場から少し離れますが、人だかりが見えるので場所はすぐにわかります。

大通りからモネの池(名もなき池)までの周辺は田畑なので、視界を遮るものもほとんどなく誰でもスムーズに行けると思います。

やはり睡蓮の咲く時期が人気らしく、5月下旬から10月下旬の11時~夕方までが見ごろで、最盛期は6月中旬~7月中旬との事でした。

わたしが行ったのは11月上旬で、睡蓮はもう咲いていなく葉のみでしたが、紅葉が始まっていたので、それはそれで綺麗でした。

あまり寒い時期は鯉も活動的でなくなってしまう上に、山奥で道路状況も心配なので、季節は春~秋が良く、睡蓮の花狙いの方は6・7月の日中がベストなようです。

山間なので光が入る時間はやや短め、夕方という表現がすごく難しい気がしますが、わたしが行ったのは11月の15時ごろでこんな感じでした。

あと、周辺に少しですが観光客向け施設があります。

お土産や軽食を販売していたり。

モネの池(名もなき池)の写真展をビニールハウス内で無料で開催していたり。

季節ごとのモネの池(名もなき池)の様子が見られて結構よかったです。

しかもビニールハウスなのがまた良いw

ちなみにモネの池(名もなき池)のすぐ隣は神社で、池のお陰で参拝者が増えているようでした。

現時点では駐車料金もモネの池(名もなき池)の見学料なども無いので、無料で楽しめる嬉しい絶景スポットです。

そんな気になるモネの池の場所はコチラ↓




 

川浦渓谷(かおれけいこく)

川浦渓谷は事前に調べて存在を知ってはいたのですが、やっぱり行こう!と思ったのは、モネの池のそばの川がすごくキレイだったからでした。

透明度の高い、青く透きとおる水を見て、これは川浦渓谷行ってみたい!!という気持ちが自然に沸いたのです。

モネの池から川浦渓谷までは、当時目測で地図を見て約15㎞、信号あまりないだろうから20分!という予想で出発しました。

実際は17.8㎞で30分近くかかりました。

写真では伝わりづらいですが、思った通りすごく水がキレイで、時期的に紅葉もいい感じでした。

渓谷をぐるっと散策できるルートがあり、距離も長すぎずちょっとした散歩に調度良かったです。

山間なので日照時間は短そうでした。

紅葉時期は日没も早いので、あまり遅い時間にならない方が景観的にも、運転的にも良いと思います。

たぶん16時頃に行ったと思うのですが、そのタイミングで駐車場には3台ほど他の車がいるくらいで、駐車スペースに困ることはありませんでした。

大自然の景色に囲まれながらの散策はとっても気持ちが良かったので、モネの池に行く際に時間に余裕がある方にぜひオススメしたいです。

詳しい場所はこちら↓




まとめ

  • モネの池に行くなら春~秋
  • 蓮の花を狙うなら5月下旬~10月下旬、最盛期は6~7月の11時~夕方
  • モネの池・川浦渓谷で紅葉を狙うなら11月
  • 無料駐車場あり、ピークタイムは駐車場待ちの可能性も
  • 池・渓谷はどちらも山間で、日没が早いため時間に注意

なるべく人が写らないように写真を撮りたい方はじっと耐えるか、ピークを外して早朝に行くのも良いかもしれないです。

全体的な景観ももちろんですが、透きとおった水の美しさに癒される一日になりました!

ちなみにモネの池の近くでランチを食べたので、別記事にまとめています↓

【岐阜】モネの池で衝撃のチェコ料理・四季路とTři kočkyに出会う

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA