【岐阜】モネの池で衝撃のチェコ料理・四季路とTři kočkyに出会う

旅好き主婦、ハナコ(@hanako_8787です!

先日モネの池に行った際、池から車で7~8分ほど北にある手打ちそば屋さんに立ち寄ろうとしたのですが、あいにくランチ営業に間に合わず、すぐ隣で存在感を放つチェコ料理のお店に入りました。

いろいろ衝撃的だったのでレポートしたいと思います。

ちなみに、モネの池と川浦渓谷に行った際の記事はコチラ↓

岐阜・モネの池に行くなら、川浦渓谷(かおれけいこく)とセットがオススメ!




チェコ料理との出会い

画像・左奥に見える建物が目当てだったそば屋さん。

ランチタイムにギリギリ間に合わず、腹ペコで山奥(店があまり無い)という悪条件。

時間にも限りがあるので、おそるおそるチェコ料理の店に近づいていくと…

めっちゃ営業してました(笑)

そしてこの看板からも怪しい匂いがプンプンします。

お店の外観はこんな感じ。

店名は「四季路とTři kočky」

Tři kočkyは「ツシーコチキ」と読み、チェコ語で3匹の猫という意味の様です。

他に選択肢も無かったので、とにかく入店することに…




店内の様子

店内は異国情緒溢れるゴチャゴチャ感。

テーブル席とカウンター席とソファー席がありました。

なんと37周年も営業されているということで、その長さに驚きつつもお店への期待値が上がります!

雑貨は全てお店を営むおばあちゃんがチェコで買ってきたものだそうです。

今もチェコと日本を行ったり来たりしているようで、これまでのチェコの思い出を綴ったアルバムが何冊も閲覧できるようになっています。

トイレの中まで装飾がすごかった。

そしてどうやらTVに出たことがあるようでした。




チェコ料理のメニューと味

手作り感のあるメニュー中から、2人でコロッケセットとバーグセットをそれぞれ注文。

まず最初に野菜たっぷりの具沢山スープが出てきて、

コロッケセットはメインおかずのコロッケ、ごはん、サラダ、更に付け合わせが3種類とフルーツのワンプレート。

最初に一番驚いたのはごはんです。

白米の上にココアパウダー、そして桃缶が乗ってます。

 

食べ合わせ…( ^ω^)

 

メインのコロッケはハーブの爆弾のように、口の中でいろんな香が爆発し鼻を抜けず、飲み込んでもずっと香りが留まっているかのようです。

スゴイです。。。

バーグセットもコロッケ同様のワンプレート。

コロッケほど主張が無いので、比較的食べやすく感じます。

 

わたしの隣の席のカップルはリピーターで、料理を絶賛していましたが、

ハッキリ言ってしまうと、わたしには合いませんでした。

味付けが独創的過ぎて好き嫌いがスパっと分かれると思います。

甘い味付けや香りが主張する料理が多かったので、デザートは結構いけるんじゃないかと思います。

もしまた行く機会があれば、食事ではなくおやつにしたい(懲りない)



お店の場所

お腹は満たされませんでしたが、お店の雰囲気も料理もおもしろくていい体験ができて良かったです(笑)

お店の場所はコチラ↓

チェコがそもそも好きな方はもちろん、なかなか味わえない料理を体験してみたい方にオススメです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA